低価格スマホ事業売却 ファーウェイ 米規制影響

 中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)は17日、自社ブランド「HONOR(オナー)」で展開する低価格帯のスマートフォン事業を売却すると発表した。米政府による禁輸措置で半導体調達が難しくなる中、生き残りを懸けて事業の整理を図る。

 ファーウェイは声明を出し、米政府の禁輸を念頭に「産業技術の持続的な獲得が不可能となった」と売却の理由を説明した。

 ファーウェイによると、オナーは2013年に若者向けに設立。年間の出荷台数は7千万台で、ファーウェイのスマホ全体の3割に当たる。30以上の代理店などが出資する会社に売却する。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ