学生の就職機会確保求める コロナで文科相

 萩生田光一文部科学相は18日のNHK番組で、新型コロナウイルスの影響で大学生らの就職活動を巡る環境が悪化しつつあるとして「コロナ下で卒業する学生を長期的に採用するルールを経済界に求めたい」と述べ、来春以降に卒業する学生の就職機会を確保すると表明した。

 現状の就職活動では新卒一括採用を行う企業が多く、就職できずに卒業した場合は不利になる傾向がある。萩生田氏は田村憲久厚生労働相と連携していく意向を示した。

 来年、大学進学を目指す受験生に対しては「財政的な理由で諦めたり、受験校数を絞ったりすることのないように応援していきたい」と話した。現金給付などの具体策は「政府、与党で協議している内容を見て判断する」と明言しなかった。

 経済的に困窮する大学生らへの追加的な支援は「現場を見ながら考えていきたい」と述べるにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ