iPhone12、携帯3社の商戦火ぶた 負担感押さえる価格戦略

 携帯電話大手3社が16日午後9時から、アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」で初めて高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに対応した「12」シリーズの予約を受け付ける。3社は端末を2年後以降に返却するなどの仕組みを導入し、消費者の負担感を抑える価格戦略をとっている。12シリーズは全機種が5G対応となっており、本格的な商戦が幕を開けた。

 「名実ともに5Gの時代がやってきた」。16日の会見でKDDIの高橋誠社長は期待を語った。

 16日までに3社が示した端末の定価はアイフォーン12(データ容量64ギガバイト)で税込み10万~11万円程度。アップルの直営店などから購入する際の価格(9万4380円)よりも高い。

 しかし携帯3社は販売手法に工夫をこらし、負担感を和らげる考えだ。

 ソフトバンクは端末を48カ月の分割払いで購入し、25カ月目以降に指定の新端末に買い替えて旧端末を返却すれば、旧端末の残りの代金が免除される。この制度で「12」を購入すれば、24カ月の負担は5万5440円(月額2310円)となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ