ソラシドエア、運航復調 11月、GoTo東京追加で

 中堅航空会社ソラシドエア(宮崎市)は15日、11月の運航便数を当初計画に比べて18%減らすと発表した。10月は40%減にしており、復調傾向にある。政府の観光支援事業「Go To トラベル」で10月から東京発着の旅行が追加されたことなどが影響した。

 同社によると、羽田-長崎線、神戸-那覇線は、今年3月以来8カ月ぶりに当初計画通りに全便を運航する。「予約数が増えている」(担当者)といい、羽田と大分、熊本、鹿児島を結ぶ3路線も10月より運航便数を増やす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ