ベルギー5G、中国排除 NATO本部所在に米懸念

 ベルギーの通信大手プロキシムスとフランスの通信大手オレンジのベルギー法人は9日、同国での第5世代(5G)移動通信システム構築にフィンランドのノキアなどの機器採用を決めたと発表した。中国の華為技術(ファーウェイ)機器は排除された。米国は安全保障上の懸念を理由に、中国企業を排除するよう欧州各国に圧力をかけていた。

 ロイター通信によると、ベルギーは旧来の無線通信網を中国製品に依存。ベルギーの首都ブリュッセルには米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)が本部を置くことから、米情報機関は特に懸念してきたという。

 ファーウェイの広報担当は、プロキシムスとオレンジの決定は「入札の結果であり自由市場の結果である」として、異を唱えない姿勢を示した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ