超高級ホテルの「GoTo」最安値リスト “御三家”帝国ホテルも2人で1万円台

 今月から東京都も加わった政府の観光支援事業「Go To トラベル」。各種割引を使うと、普段手の届かない老舗や外資系など超高級ホテルにも驚くほど安い値段で泊まることも可能だ。

 「GoTo」キャンペーンのうち、トラベル事業は国内の宿泊や日帰り旅行代金の最大半額を支援する。うち35%相当は旅行代金に給付され、15%相当は地域共通クーポンとして付与される。

 東京や関西圏の高級ホテルはどこまで安くなるのか。旅館専門の予約サイト「一休」で調べたのが別表だ。

 老舗中の老舗、「帝国ホテル東京」の宿泊料金(1泊大人2人、素泊まり)は10月の平日で約3万250円(税込み)が最安値。この価格に「GoTo」の割引とサイト独自のポイント還元で約1万2000円引きとなり、約1万8000円まで下がる。これで1室2人分の値段だ。さらに5000円分の地域共通クーポンが付いてくる。

 「帝国ホテルは、ホテルニューオータニ、ホテルオークラと並び『御三家』と称される名門だ。普段は気軽に泊まれない分、ぜいたくな体験ができるのではないか」と解説するのは、旅行ジャーナリストの大川原明氏。

 「ホテルニューオータニ」も10月の平日は、1泊2人で割引適用後、1万3750円が最安値だ。さらに3000円分の地域共通クーポンが付く大盤振る舞いだ。

 外資系では、日本橋にある「マンダリンオリエンタル東京」や、新宿の「パークハイアット東京」も割引適用後には2人で3万円強まで下がる。

 関西圏でも「コンラッドホテル大阪」などが割引されている。ただ、大川原氏は「紅葉の季節が近く東京発の観光客も増える分、値引き額の高い高級ホテルから部屋が埋まる可能性も高く、相場が上昇する懸念もある。早めの決断が必須だろう」とアドバイスする。

 旅行にそれほど興味がないという人も、「GoTo」は使える。

 「ビジネスホテルも割引が効くので、2000円以下など格安で泊まれるホテルも多い。職場近くに宿泊し、通勤を楽にするのも手だろう」と前出の大川原氏。

 利用しないのはもったいない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ