EUがデジタル通貨規制案 リブラ念頭、厳格な監督実施

 欧州連合(EU)欧州委員会は24日、デジタル通貨の規制案を公表した。発行の事前承認制や厳格な監督の実施が柱だ。米フェイスブックが計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」を念頭に、通貨発行や金融政策といったEUの主権を守るため、厳しい規制を実施する。

 2024年までに包括的な規制枠組みの導入を目指す。EUが規制づくりに本格的に着手したことで、日本など世界各国も対応を迫られることになりそうだ。

 EUの規制案はデジタル通貨の発行業者に対し、EU域内に物理的な拠点を設け、活動開始前にEU加盟国当局からの承認を得るよう求める。一つの国から認可を得れば、EU全体で事業を展開できるようになる。また顧客と事業者の資産を分離するよう義務付ける。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ