NY株反発、52ドル高 不安定な値動き

 24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比52・31ドル高の2万6815・44ドルで取引を終えた。米経済の先行きに対する見方が交錯し、不安定な値動きだった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は39・28ポイント高の1万0672・27と反発した。

 朝方発表の失業保険申請件数が市場予想より多かったことで売りが先行したが、8月の新築住宅販売戸数が高水準だったことで買い戻された。前日に大きく下げたことに伴う反動もあった。

 銘柄別では、金融のゴールドマン・サックスやITのマイクロソフトが上昇。一方で、航空機のボーイングは下げた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ