農林水産予算の概算要求案、今年度当初比20%増の2兆7734億円 輸出力強化へ「輸出・国際局」新設

 農林水産省は24日、令和3年度の農林水産予算の概算要求案を自民党の会合で示した。総額は2年度当初予算比20・0%増の2兆7734億円。新型コロナウイルスへの対応を念頭に、生産基盤の強化、ロボットや情報通信技術を活用する「スマート農業」の推進、菅義偉首相の肝いりでもある農林水産物・食品の輸出力強化などを柱とした。

 スマート農業の導入加速に向けた取り組みには、2年度当初予算の約3・7倍となる55億円を要求する。

 農産物・食品の輸出額を12年までに元年実績の5倍超となる5兆円に引き上げる新たな政府目標の実現に向け、輸出力強化に関する項目で増額を要求。民間を生産から輸出まで一貫支援する取り組みは約7・2倍の36億円。輸出向け衛生管理施設の整備支援は約5・3倍の79億円を求める。

 計画的に資源管理に取り組む漁業者を対象に漁獲変動に伴う減収を補填する収入安定対策として約2・8倍の701億円を求める。

 3年度の組織改正要求案も示した。農産物・食品の輸出や対外政策を一元的に担う「輸出・国際局」を新設する。畜産分野の生産基盤強化を進めるため、現在は生産局内にある畜産部を「畜産局」に格上げする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ