見切り品販売の情報配信 ローソンとKDDI

 ローソンとKDDIは24日、顧客の位置情報や過去の購買履歴を使って消費期限が近づいた弁当などの「見切り販売」に関する情報をスマートフォンに配信するサービスを始めると発表した。食品ロス削減に加え、情報をきっかけとした来店客の増加を狙う。

 10月2日から同31日まで、埼玉県のローソン10店舗で実証実験を実施し、2021年度中に全国のローソンでサービス導入を目指している。

 顧客の過去1カ月分のデータを分析。値引き品が出る夕方以降の時間帯に、見切り販売を始めた店舗名が、店周辺で購入の可能性がある顧客のスマホに通知される。

 利用には、ローソンなどで使える共通ポイント「Ponta(ポンタ)」の登録と、KDDIの決済サービス「auPAY」のアプリダウンロードが必要となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ