ガソリン車新車販売禁止へ 米加州、35年までに 日本メーカーにも影響

 米西部カリフォルニア州のニューソム知事は23日、2035年までにガソリン車やディーゼル車の新車販売を事実上禁じる行政命令に署名した。州内で販売される新車の乗用車は排出ガスを出さないゼロエミッション車とすることが義務付けられる。地球温暖化対策の一環で、日本の自動車メーカーの販売戦略にも影響が出そうだ。

 州当局は、新たな規制により35%以上の温室効果ガス排出削減を見込む。ニューソム氏は声明で「気候変動に対処する上で最も影響力のある手段だ」と意義を強調した。既に所有している車や、中古車の売買は規制の対象とはならない。

 カリフォルニア州は、これまでも連邦政府より厳しい排ガス基準を打ち出してきており、環境規制緩和を進めるトランプ政権と対立している。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ