ゆうちょ銀でまた不正出金 「何かあるたび記帳は面倒」募る不安と不信感 「補償あるから現金より安全」との指摘も

 ドコモ口座などのケースと異なり、今回はmijica利用者でなければ被害に遭う恐れがないため、「まだ被害者の範囲が少なくて済むのは良かったけど、ゆうちょは一旦こう言うサービス全部見直した方がいいんじゃないか」と、安堵(ど)しつつも、相次ぎ発覚する不正利用に同行のセキュリティーへの懸念を示す声もあがっていた。また、同カードについて、「デビットカードなのにプリペイドの機能もあるの?なんで?意味わからんのやけど、、明らかに不必要な機能では…」と、口座から直接支払いができるデビットカードにわざわざプリペイド機能を付加する必要性に疑問を呈するユーザーも見受けられた。

 「大事になるまで発表しないパターン。1件でも不正引き出しが発生したら発表してほしいんだけど…」と、最初の事例から1カ月以上経って今回の発表に至った経緯に、同行への不信感を示す人も。

 同行や同カードについてだけでなく、「新しいサービスに飛びつく人が減るね」「こんなニュースが続くから、銀行カードもクレジットカードも電子マネーも、カード類全般に不安を持たれて、キャッシュレス化やマイナンバーにも影響が出る」と、キャッシュレスやデジタル化が遅れるとの危惧や、「金融庁がもっとセキュリティー面の指導や罰則などを整備して」との注文も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ