40年超原発、年初にも運転 関電、安全対策工事完了 美浜と高浜

 関西電力は18日、原則40年の運転期間を超えた美浜原発3号機(福井県美浜町)と高浜原発1号機(同高浜町)について、運転延長に必要な安全対策工事が完了したと明らかにした。関電は美浜3号機を来年1月、高浜1号機を同3月にも再稼働させる工程を示しており、実現すれば東京電力福島第1原発事故後に「原則40年、最長で延長20年」のルールができてから40年超の原発で初となる。

 関電は18日、安全対策に関し地元自治体に説明した。今後、再稼働に必要な地元同意が得られるかが焦点となる。ただ、関電役員らの金品受領問題を受け、同社のガバナンス体制に対し地元首長や議員らから厳しい声も相次ぎ、同意手続きに時間を要し工程が遅れる可能性もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ