ゆうちょ銀の預金流出計1811万円 メルペイやLINEペイでも 

 ゆうちょ銀行は16日、NTTドコモの「ドコモ口座」やソフトバンク系のペイペイなどの電子決済サービスを悪用した貯金の不正引き出しが109件・計1811万1千円確認されたと発表した。ドコモ口座による被害が82件・計1546万円を占めた。不正があった6つの決済サービス事業者名も公表し、メルペイやLINEペイでの被害も明らかにした。

 これまでゆうちょ銀は、被害額などを公表してこなかった。高市早苗総務相は同日の記者会見で「分かっている範囲で公表しなければ、被害が広がる」と対応を批判。これを受けた形で同日会見した田中進副社長は、「情報発信が十分でなかった」と謝罪した。ドコモ口座で発生した被害の大半がゆうちょ銀の口座からだった。

 ゆうちょ銀などによると、メルペイの被害は今年8月以降に発生し、3件で49万8千円。LINEペイは2件で49万8千円だった。このほか、ウェルネットの「支払秘書」でも被害を調査している。

 一方、ドコモは16日午前0時時点でドコモ口座の被害が2件増え、計145件、2678万円となったと発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ