被害者全員がドコモ口座持たず スマホ決済使わない人が標的

 NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を使った、銀行預金の不正引き出しが見つかった問題で、被害を受けた66件はすべて、被害者の銀行口座から本人が開いていないドコモ口座に出金された事例だったことが10日、分かった。ドコモのスマートフォン決済などを利用したこともないような人が、被害にあっていたことになる。

 ドコモ口座とひも付け可能な35行の口座を持っていれば被害を受ける可能性があるが、1つの銀行口座に対してひも付けられるドコモ口座は1つ。このため利用者が自らドコモ口座を開いて本人の銀行口座とひも付けしている場合は、不正に開設されたドコモ口座とひも付けされることはない。

 逆に、ドコモ口座を開いていない人の銀行口座は、不正に開設されたドコモ口座とひも付けられるリスクがある。この結果、被害はドコモ口座を開いていない人に集中した。

 ただし35行のうち2行以上の銀行口座を保有していれば、ひとつの銀行口座とドコモ口座をひも付けしていたとしても、別の銀行口座から不正に出金される可能性はあるという。

 ドコモによると、10日時点の被害は11行で66件、総額1800万円に上っており、1件当たりの最大額は60万円だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ