ダボス会議、来年は初夏に開催

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界経済フォーラム(WEF)は26日、スイス東部ダボスに政財界の指導者が一堂に会し「ダボス会議」の通称で知られる年次総会の開催を、来年は当初予定していた1月下旬ではなく、初夏に延期すると発表した。詳細な日程は未定。

 新型コロナの流行によりWEFは当初、次の年次総会を現地での実際の会合とオンライン方式を併用して行う方針だった。だが感染が依然世界中で拡大局面にある中、来年1月でも安全に実施することはできないとの専門家からの助言を受け、延期の判断に至った。

 WEFは50回目となるダボス会議を今年1月21~24日に開催。期間中、世界保健機関(WHO)が新型コロナをめぐる最初の緊急委員会を開催し、同月30日に最高度の警戒を呼び掛ける緊急事態宣言を出した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ