旅行もオンラインで行く時代! テクノロジーの進化で可能になること

【ABS世代が「シニア」を変える】

 2019年の訪日外国人は、日本政府観光局(JNTO)統計で3188万人。10年は861万人でしたから3・7倍の大躍進。TOKYO2020に向け、観光業などさまざまなサービス業が投資をしてきましたが、予想だにしないコロナ禍で大打撃を受けています。

 前回紹介した、旅行業のマーケティングコンサルタント、北川宣浩さん(66)は、コロナ禍とライフシフト時代の新しい旅行のキーワードは「オンライン」だと言います。

 そもそも旅行のニーズとは、非日常を求めてさまざまな場所に出かけ、ワクワクする時間や空間を体験することです。このニーズを満たすオンライン旅行企画を北川さんと考えてみました。

 まずは、「グルメ体験旅行」です。ネット通販ではさまざまな産直品のお取り寄せができますが、「完成品ではなく、一緒に作る」ことをテーマに、例えば日本各地の名人による「そば打ちセット」を販売。そしてZoomなどを活用し、名人と参加者が一緒にそば作りを体験し、一緒に食事をします。こうした企画を頒布会方式で毎月提供する「サブスクリプションモデル」も面白そうです。

 次は「女将さんご案内旅行」です。バーチャル宿泊プランで“宿に着く”と、画面に女将さんはじめスタッフが現れ、出迎えてくれます。その旅館名物の料理は事前にクール便などで客の自宅に送っておきます。その荷物の中には、旅館で使用しているタオルや歯磨き、温泉の素などもオマケで付けます。旅館のある自治体の観光課とも連携し、周辺の観光地をVR(バーチャルリアリティー=仮想現実)で紹介することもいずれできそうです。

 3つめは「代理旅行」です。例えば、子供の頃に住んでいた街や人生の記念の観光地をもう一度巡りたいけれど、いろいろな理由で行けない人に代わり、「代理ガイド」がリモートで案内します。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ