7月の訪日客3800人

 観光庁は21日、日本を7月に訪れた外国人客は3800人だったとの推計を発表した。前年同月比は4カ月連続で99・9%減だった。日韓関係の悪化で韓国人客が大幅に減った昨年10月以降、マイナスは10カ月連続。新型コロナウイルス感染症の水際対策で入国制限が続いており、観光客の受け入れを再開するめどは立っていない。

 主な国・地域別でみると、前年7月は105万人でトップだった中国が800人にとどまった。次いでベトナム600人、米国400人、韓国300人など。

 政府は新型コロナの拡大を防ぐため、146カ国・地域を対象に、14日以内の滞在歴がある外国人の入国を禁止。まず、ビジネスで出入国が必要な人材の制限を緩和する方向で一部の国・地域と協議している。

 一方、7月の日本人出国者は98・8%減の2万300人だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ