トヨタとマツダ、米新工場に追加投資

 トヨタ自動車とマツダは13日、米南部アラバマ州に共同で建設中の新工場に8億3千万ドル(約888億円)を追加投資すると発表した。両社ともスポーツ用多目的車(SUV)の生産拠点とする計画で、最先端設備の導入などに充てる。

 総投資額は23億1100万ドルとなる。年間生産能力はトヨタ、マツダともに15万台の予定。生産を担う従業員は既に約600人を採用しており、最終的な雇用規模は最大4千人とする方針だ。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ