新生銀でシステム障害 ネット取引止まる

 新生銀行は14日、インターネットでの取引ができなくなるシステム障害が発生したと明らかにした。復旧作業を進めるとともに、影響範囲や原因を調べる。同行は個人向けを中心に約300万の口座を保有する。

 同日午前にネット取引のページにつながるウェブサイトに接続できなくなるなどの不具合が発生した。他社と提携してサービスを提供する現金自動預払機(ATM)の取引に影響はみられないという。

 新生銀行では13日昼ごろにもネット取引が一時停止するシステム障害が発生していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ