三菱造船、長崎で大型フェリー進水 下関と連携し競争力アップ

 三菱重工業子会社の三菱造船(横浜市)が新日本海フェリー(大阪市)などから受注していた大型フェリーの命名・進水式が7日、三菱重工長崎造船所の本工場(長崎市)で行われた。「はまゆう」と名付けられた新造船は令和3年7月にデビューする。下関造船所(山口県下関市)とあわせた生産体制の再編を進める三菱造船にとって新体制下で初の進水式となった。(九州総局 中村雅和)

 「はまゆう」は幅25メートル、全長222・5メートルの大型船で、従来型の船に比べて約6%の省エネを実現しながら最大時速約52キロを誇る高速船だ。また、海上の硫黄酸化物排出規制に対応した脱硫装置を搭載した。旅客定員は268人で、12メートルトラック154台と乗用車30台を積載できる。横須賀(神奈川県横須賀市)-新門司(北九州市)間の約976キロを21時間で結ぶ高速船として就航する予定。

 船内の客室は基本的に個室で、露天風呂や展望浴場、レストランやバーベキューコーナも設ける。

 運航を担う東京九州フェリーの担当者は「物流トラックと一般旅客の割合は半々程度と予想している。内装や設備の充実は、旅客需要を開拓する側面がある」と語った。

 三菱造船にとって、今回の新造船は大きな意味を持つ。

 大型客船事業で多額の損失を計上、事実上の撤退に追い込まれた三菱重工業は平成30年1月、船舶事業を分社化して三菱造船を設立した。香焼工場(長崎市)の売却協議など合理化を進める一方、造船所ごとの建造船種の縦割り排除に動いていた。長崎造船所は全長200メートル超に対応したドックを持つ。このため、特殊船や中小型フェリーを下関造船所が、大型フェリーを長崎が受け持つ形で、2造船所の一体運用を進めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ