コロナで延期の修学旅行 関西では復調の兆しも…再び感染拡大傾向に不安

 新型コロナウイルスの影響で春から夏にかけて取りやめが相次いだ修学旅行が、関西では秋以降、復調の兆しが見え始めている。宿泊施設やバスの予約が急増。秋に延期した学校などからの予約が順調なためだ。自治体も修学旅行生の取り込みを後押しする。ただ、関西でも再び感染拡大傾向となるなど不安もあり、関係者は神経をとがらせる。(田村慶子)

首都圏避ける動き

 「修学旅行を延期した学校からの予約が増えている」

 京都市内のある旅館の総支配人は話す。コロナ禍が直撃し5、6月の客はゼロだったが、9月は予約ベースで客室稼働率が85%に回復。原動力は修学旅行だ。コロナ禍前から入っていた予約に、秋に延期した学校も加わった。

 感染の再拡大がいち早く目立ち始めた首都圏を避ける動きも背景にあるという。「京都市内で宿が押さえられず、近隣の奈良や滋賀に変更する学校もある」。インバウンド(訪日外国人客)が消失するなか、需要が見込める団体客の修学旅行に照準を合わせ、集客をかける宿泊業者もあるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ