6月の消費支出1・2%減 緊急事態解除で減少幅縮小

 総務省が7日発表した6月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は27万3699円で、物価変動を除いた実質で前年同月比1・2%減だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で過去最悪の16・2%減だった5月から減少幅が縮小した。

 マイナスは9カ月連続となる。緊急事態宣言が解除され、経済活動が活発化したものの、前年同月と比べると低い水準が続いた。

 緊急事態宣言が全国に出された4月も11・1%減で記録的な落ち込みだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ