任天堂、カプコン、ソニー 巣ごもりで絶好調のゲーム業界、活況いつまで続く

 任天堂が6日に発表した令和2年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期の約2・1倍にあたる3581億円、最終利益が約6・4倍の1064億円と大幅な増収増益となった。新型コロナウイルスの影響で多くの業界が苦境に陥る中、「巣ごもり需要」をとらえたゲーム関連各社の業績には好調な数字が踊る。新型コロナの収束が見えないなか、ゲーム業界の活況はまだまだ続きそうだ。(山本考志)

 無人島に移住したプレーヤーが動物たちとの暮らしを楽しむ「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)。3月の発売以降、世界各国のプレーヤーが交流する場となった。プレー動画は会員制交流サイト(SNS)で発信され、イタリアのファッションブランド「ヴァレンティノ」などとのコラボレーションにも発展。新型コロナ禍の中、自宅で過ごす人々の心をとらえた。

 そうした巣ごもり需要の恩恵は各社に及ぶ。ソニーの4~6月期連結決算は高級スマートフォン向けセンサーなどの販売が落ち込む中、主力ゲーム機「プレイステーション(PS)4」向けソフトなどの販売が伸び最終増益を確保。年末商戦で次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の投入を予定しており、3年3月期連結業績予想では大幅な増収を期待する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ