自販機限定にミステリーフレーバー…“攻める”プリングルズの新商品

 成型ポテトチップス「プリングルズ」の新商品がネットで注目を集めている。7月27日からは自動販売機限定で「関東だし醤油ラーメン味」の販売を開始し、3日からは日本専用に開発した「ミステリーフレーバー」を発売する。攻めた商品の発売が続き、ネットニュースやSNSを賑わせている。

 自動販売機限定の「関東だし醤油ラーメン味」は、関東ならではの醤油ラーメンの味わいをベースとして、魚介系のだしやネギの風味が際立つ、ラーメン味のフレーバーとのことだが、気になるのは「自動販売機がどこに設置されているのか」ということ。ツイッターでも「見たことないわ」などの声が聞かれるが、プリングルズの販売を行う日本ケロッグによると、オリジナル自動販売機はショッピングモール、アミューズメントパーク、映画館、百貨店など、全国で1000カ所以上に展開しているという。ネットでは、「プリングルズの自販機があると知って、地元には無いんだろうなと思っていたけど昨日ららぽに行ったらあったわ」など、身近なところにあったという報告も確認できた。

 3日発売の「ミステリーフレーバー」は、パッケージに味の表記がなく、食べてみるまでどんな味なのかわからない新感覚のポテトチップスだ。何の味なのか謎解き感覚で楽しめる点も魅力の一つと言えるだろう。すでに世界各国で発売されているが、他の国とは異なる日本オリジナルで今回新たに開発したフレーバーとなる。

 こちらもネットユーザーの関心を誘い、「食べるまで味がわからないのね。へぇ!面白そう」「見つけたら買ってみよ!」などの声がある一方で、「原材料の表記見れば分かるくね?」といった指摘や、アレルギー表記の扱いを心配する書き込みもあった。

 また、「ミステリーフレーバー」は昨年も発売しており、「前回はビーフ的な味だったよね」「去年の味はめちゃくちゃ美味くて箱買いするか悩むくらいだったなぁ」と振り返るファンもいた。

 まもなく発売を迎える「ミステリーフレーバー」。SNSは味の予想や答え合わせで盛り上がりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ