求人倍率1・11倍に下落 6月、失業率は2・8%

 厚生労働省が31日発表した6月の有効求人倍率(季節調整値)は1・11倍で、1・20倍だった前月から0・09ポイント落ち込んだ。6カ月連続の下落で、2014年10月以来5年8カ月ぶりの水準となった。

 総務省が31日発表した6月の完全失業率(季節調整値)は2・8%となり、前月より0・1ポイント改善した。7カ月ぶりの改善。男女別の失業率は、男性が前月比0・1ポイント減の3・1%で、女性は横ばいの2・5%。完全失業者数は前年同月比33万人増の195万人だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う雇用情勢の悪化の影響が続いた。

 新規求職申込件数は43万4634件となり、前月からの増加率は比較可能な昭和38年以降で過去最大。担当者は「コロナ禍で失業した人が緊急事態宣言で4~5月に求職活動ができず6月から動き始めて増えた可能性がある」と分析する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ