三菱航空機赤字5千億円超 20年3月期、開発損失響く 2年ぶり債務超過に

 国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)が1日開示した令和2年3月期決算は、最終損益が5269億円の赤字(前期は23億円の黒字)だった。同社として過去最大の赤字。納期延期が6度続くなど開発が遅れる中、これまでの開発費に伴う損失を計上した。負債が資産を上回る債務超過に陥った。

 1日の官報に決算公告が掲載された。債務超過額は4646億円。最終赤字と債務超過はともに2年ぶり。前期は親会社の三菱重工業が増資引き受けなどの支援をしたため、これまでの債務超過が解消され、黒字転換していた。三菱航空機の担当者は「三菱重工の会計処理に伴う損失計上で新たな損失は発生していない。必要資金は三菱重工からの融資でまかなっており、事業継続に支障は無い」と話している。開発を継続する方針に変更はないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ