マイナポイントの申請受付7月1日から開始 決済事業者の争奪戦も

 マイナンバーカードを使った政府のポイント還元策「マイナポイント事業」の申し込み受け付けが7月1日から始まる。6月末までのキャッシュレス決済に伴うポイント還元に続く「第2弾」で、25%という高い還元率が特徴だ。事業開始は9月からだが、事前にマイナンバーカードの準備や申し込みが必要な点が第1弾と異なる。また、登録できる決済サービスは1人につき1つと決まっており、事業者による利用者の争奪戦も始まっている。

 マイナポイント事業は、マイナンバーカードにあらかじめキャッシュレス決済サービスを登録しておくと、決済やチャージをしたタイミングで25%分のポイントが還元される。来年3月末まで実施し、還元ポイントは計5000円分という上限がある。

 もともとは東京五輪後の消費の落ち込みを防ぐことがねらいだった。「五輪は延期されたが、コロナ禍で消費を下支えしなければならない状況は変わらない」(総務省担当者)ため、予定通り9月から始める。消費喚起とマイナンバーカードの普及、キャッシュレス決済の推進という“3兎を追う”政策だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ