リンクウィズ “人のように”動くロボット向けソフトでリード

 すべての労働者に寄り添い、“さも人のように”動く産業用ロボット向けソフトウエアの開発、販売を主事業とするリンクウィズ。吹野豪社長(37)は、新型コロナウイルスを経て働き方改革も一層進むとみられる中で、自動化、ロボット化ニーズが高まり、ビジネスチャンスととらえる。(那須慎一)

 --なぜ起業したか。また企業理念は

 「私が住む浜松市は、ホンダやヤマハ、スズキなど世界に名だたるグローバルカンパニーが名を連ねるものづくり集積地域です。一方で昨今、事業継承や技能継承ができず、廃業する会社が多くあります。その背景は人口減少に伴う労働人口の減少です。これを補うべく、私たちが作る製品のコンセプトは“さも人のように”動き、判断する産業用ロボット向けソフトウエアです。全ての働く人に寄り添い、より良い働き方ができるよう設計されています。この考え方は当社の会社理念『人の業を受け継ぐロボティクスで働き方を革新する』という理念にも反映されています」

 --注力している事業内容や主なターゲットは

 「現在注力をしている事業は、1台1台のロボットに使うソフトウエアもさることながら、工場に数多く配置され、稼働をしているロボットのデータをつなぐことで『工場の見える化』を図り、生産や品質のボトルネックになっている点を解析、解決するサービスを展開しています。ロボットをネットワーク化することで人間では気づくことができないものづくりの中での小さな変化を検知し、いち早く問題点を解決するという製品です」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ