4月の消費支出11%減、最大の落ち込み 外出自粛・営業縮小で

 総務省が5日発表した4月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は26万7922円で、物価変動を除いた実質では前年同月比11・1%減だった。比較可能な平成13年年1月以降、過去最大の減少率となった。新型コロナウイルスの感染拡大で全国に緊急事態宣言が出され、外出の自粛や店舗の営業縮小などが広がったことで、消費が急速に冷え込んだ。

 マイナスは7カ月連続。5月もコロナの影響は続くとみられ、また改元に伴う10連休があった前年の反動も見込まれることから、大きな落ち込みになる可能性が高い。経済浮上の原動力と期待される個人消費の本格回復は見通せない状況だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ