撤回要求、即座には応じず 対韓輸出規制で日本政府

 【ソウル 共同】日本に輸出管理厳格化の措置撤廃の判断を求め韓国政府が31日を期限に回答を求めていたことに対し、日本側は即座には応じない方針だ。輸出管理上の問題は体制強化などで全て解消したとする韓国側の姿勢を見守りつつも、期限設定は一方的だと受け止めている。

 聯合ニュースは31日、「日本が前向きな立場を示す可能性は高くない」との観測を報道。日本が撤回に応じない場合、現在は中断している世界貿易機関(WTO)での紛争解決手続きを再開させる可能性があるとした。

 元徴用工問題で日韓関係が悪化していた昨年7月、日本政府は半導体の洗浄に使う「フッ化水素」など3品目の対韓輸出管理を厳格化。同年8月には幅広い品目で輸出手続きを優遇する国のグループから韓国を除外した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ