USJ、新卒採用を中止 コロナで臨時休業、業績悪化も

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の運営会社が令和3年度入社の新卒採用の活動を中止したことが29日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルス感染拡大による臨時休業が続いており、このまま採用活動を続けるのは困難と判断した。応募していた学生らにはメールなどで通知した。

 新型コロナの影響でUSJは2月29日から臨時休業している。大阪府の休業要請や政府の緊急事態宣言の解除を受けてパークの再開を模索しているが、来場者の「3密」を避けるため1日当たりの入園者を制限することなどが予想され、今後業績悪化は避けられない情勢となっている。

 こうした中で採用活動よりも、パーク再開に向けたアトラクションや飲食店の感染症予防対策などに経営資源を集中すべきだと判断。広報担当者は「新型コロナで採用活動の継続が困難で、苦渋の選択だった」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ