黒川検事長の辞職、閣議で承認 賭けマージャン問題で

 政府は22日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭けマージャンをしていたと報じられた東京高検の黒川弘務検事長(63)の辞職を閣議で承認した。黒川氏は21日、軽率な行動だったとし、辞表を提出していた。

 黒川氏は法務省の調査に対し、コロナ禍の5月に産経新聞記者2人と朝日新聞社員1人を交えた4人で、賭けマージャンをしていたと認め、21日に訓告処分を受けた。後任は、名古屋高検の林真琴検事長(62)らが候補に挙がっている。

 安倍政権は2月に定年退官するとみられた黒川氏の定年を法解釈の変更で延長し、波紋が広がっていた。その渦中に辞職することになり、政権はダメージを受けることになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ