富士フイルム、新型コロナ肺炎をAI診断 技術開発へ

 富士フイルムは19日、人工知能(AI)を活用し、新型コロナウイルス感染症の肺炎症状を効率的に診断する技術の開発を始めたと発表した。京都大と共同開発した、コンピューター断層撮影装置(CT)画像の病変をAIで解析する技術を応用し、患者の経過や治療効果の判定などの効率を高める。令和2年度内の製品化を目指す。

 技術開発に当たっては、新型コロナの患者を受け入れている神奈川県立循環器呼吸器病センター(横浜市)との共同研究からスタートし、他の国内の医療機関にも対象を拡大する。

 新型コロナ感染症の治療に使われるさまざまな薬の効果を判定する際にも、新技術を活用したい考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ