家庭用プリンターでオタク応援、キヤノンが“同人誌作戦”

【経済インサイド】

 「イベントに参加できるのはまだ先になりそうですが、何か創作したいな~という気持ちがあります」

 4月上旬、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「コミックマーケット」など同人誌即売会が相次いで中止になる中、キヤノンの公式ツイッターアカウントの一つ「おうちでつくる同人誌」はこう書き込み、発表の場を奪われた「同人作家」たちの心情を代弁した。同アカウントは同人作家の間では知る人ぞ知る存在で、現在約7000のフォロワーがいる。

 「おうちでつくる同人誌」は、キヤノンの家庭用インクジェットプリンターを活用して自宅で同人誌を作れるサービスを提供するプロジェクトだ。同人作家として実際に活動する社員を中心に平成29年に社内公認のプロジェクトとして立ち上がり、30年2月に公式サイトを開設。キヤノンのプリンターで同人誌を手軽に印刷できるソフトや、即売会で使用するポスターや値札などのひな型を無料で公開しているほか、ツイッターの公式アカウントで同人誌作成の便利な情報などの発信も随時行っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ