求人倍率1・39倍 3年半ぶり低水準 解雇・雇い止めは3千人超

 厚生労働省が28日発表した3月の有効求人倍率(季節調整値)は1・39倍で、1・45倍だった前月と比べて0・06ポイント低下、3カ月連続の減少となった。1・39倍まで落ち込んだのは平成28年9月以来、3年半ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で製造業や宿泊業・飲食サービス業などの新規求人が減った。

 総務省が28日発表した3月の完全失業率(季節調整値)は前月比0・1ポイント上昇の2・5%で、2カ月ぶりに悪化した。

 加藤勝信厚労相は同日の記者会見で、有効求人倍率の低下に関し「新型コロナウイルスの影響に十分注意する必要がある」と述べた。厚労省によると、新型コロナに関連した解雇や雇い止めにあった人数(見込みを含む)は、27日時点で3391人だという。コロナ感染拡大の影響に加え、今年1月から求人票の記載項目が増えて募集を控える企業があることも求人倍率低下の要因だという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ