トヨタを駆り立てる新型コロナ 苦い経験…リーマンの再来防げるか

【経済インサイド】

 新型コロナウイルス感染拡大が世界経済に激震をもたらす中、トヨタ自動車が自動車メーカーの枠を超えた感染拡大防止策に乗り出している。トヨタの動きの裏側にあるのは「トヨタショック」と呼ばれた平成20年のリーマン・ショック時の業績悪化で、雇用にまで衝撃をもたらした経験への反省だ。今回の新型コロナ問題では生産体制への直接的な影響も受けているうえ、人材確保が何よりも重要な変革期にあるとあって危機感は強い。ただし異業種を含めた他社との連携への布石にもみえる動きからは、混乱の先も見据えた戦略も垣間見える。

戦時下の意識

 「戦争で人も減って工場も失ったトヨタは生き延びていくため、作れるものは何でも作ったそうだ」

 豊田章男社長は4月10日、日本自動車工業会(自工会)会長としてのオンライン記者会見で、あえて業界代表の立場を超えて自社の歴史に言及した。

 トヨタは第二次大戦後、鍋やフライパンを作り、工場周辺ではイモや麦まで栽培したという。今回の新型コロナへの対応は戦災に匹敵する難局になり得る、やれることは何でもやる-。豊田氏の言葉からはそんな危機感がにじんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ