都市部で販売店を臨時休業 楽天モバイル 8日の本格参入にコロナが逆風

 楽天モバイルは1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京や大阪など都市部にある販売店を2日から順次、臨時休業すると発表した。同社は8日から自社の通信網を活用した携帯電話事業に参入する予定だが、都市部では店舗が休業となるため、契約はオンラインで行って自宅に端末を配送してもらう手段に限られることになる。

 臨時休業するのは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県内の販売店。楽天モバイルでは携帯電話事業への本格参入に際し、店舗でも新規顧客獲得に向けた取り組みにも注力する方針だったが「お店でしっかりと話を聞きたい人には不便をかけることになる」(広報部)としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ