「資金繰り支援・経営相談に注力」 全銀協の三毛新会長

 1日付で就任した全国銀行協会の三毛兼承会長(三菱UFJ銀行頭取)が同日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に関し「お客さまが資金繰りなどに重大な支障が生じないよう経営相談に乗りたい」と述べた。日銀が同日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)で資金繰りや金融機関の貸し出し態度に関する指数が悪化したことにも触れ、「注視する」と述べた。

 今年最大のイベントだったはずの東京五輪・パラリンピックは1年延期が決定。今年期待されていた訪日外国人客による飲食・宿泊、テレビの買い替えといった需要も先送りになるが、三毛氏は「来年にかけて顕現化するだろう」と期待感を示した。

 低金利環境が長引き、銀行業界は収益力の向上などが課題となっている。三毛氏は「新型コロナの難局を乗り切ることが最優先だが、このような状況にあるからこそ、将来の日本経済の姿を見据えた種まきも重要だ」と述べ、顧客の利便性向上などに努める考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ