5Gで4G周波数帯転用へ エリア整備の加速後押し

 総務省は1日、同省の情報通信審議会から第4世代(4G)移動通信システムで使われている周波数帯を5Gでも使うことを認める答申を受けたと発表した。5Gの利用エリア整備の加速を後押しする。答申は3月31日付で、省令改正を経て秋ごろから転用可能となる。

 ただ通信速度は4Gと同程度になると予想されるため、答申では携帯会社に対し、利用者に適切な周知をするよう要請した。

 5GはNTTドコモなどの携帯大手が3月末からサービスを開始。現在、5Gは4Gより高い周波数帯が割り当てられているが、電波の飛ぶ距離が短いためエリア拡大に時間がかかることが課題だった。4Gの周波数帯を利用すれば広域なエリアを整備でき、多数の通信機器を同時に接続できるなど5Gの一部の特長を生かしたサービスをより早く全国展開できる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ