第一生命2千億円下方修正 金利低下、20年3月期

 第一生命ホールディングスは1日、令和2年3月期連結決算の最終利益予想を2090億円下方修正し、2260億円から170億円になる見通しだと発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で金利が低下したことが響くほか、海外グループ会社の株価が大きく下落しブランド価値に当たる「のれん代」の償却を迫られた。

 2090億円の内訳は、外貨建て保険の販売を担う子会社、第一フロンティア生命保険が、海外の金利低下に伴い保険金の支払いに備えて積み立てる責任準備金の積み増しをしたため、1605億円のマイナス。グループ会社ののれん代の償却で485億円の費用を計上する見込み。

 株主配当の原資となる実質的な利益見通しは、2400億円を据え置いた。このため1株当たりの配当予想は62円から変更しない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ