スバル、群馬製作所の稼働停止 雇用は維持

 SUBARU(スバル)は1日、新型コロナウイルス感染拡大による部品供給の遅れと需要減を受け、国内唯一の完成車工場である群馬製作所の稼働を11日から5月1日まで停止すると発表した。従業員約1万人の雇用は維持する方針。

 3月23日から稼働を停止している米インディアナ州の四輪車生産工場の再開時期について、4月20日に延期することも併せて発表した。当初は7日の再開を予定していた。世界で計7万台超の減産となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ