NY株一時600ドル超高 自律反発期待で買い先行

 17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日終値からの上げ幅が一時600ドルを超えた。前日は新型コロナウイルスの感染拡大による景気後退への懸念から3000ドル近く暴落し、自律反発を期待した買いが先行した。

 トランプ米政権が8500億ドル(約90兆円)規模の経済対策を検討していると伝わったことも買い材料となった。(ニューヨーク 共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ