リセッション懸念…欧州経済、避けられぬ追加緩和

 【ロンドン=板東和正】欧州中央銀行(ECB)が追加金融緩和を検討するのは、新型コロナウイルスの感染拡大がユーロ圏のリセッション(景気後退)を招く恐れがあるためだ。欧州経済の不透明感が強まる中、景気の低迷を防ぐために金融緩和策は避けられないとみられている。

 「(新型コロナウイルス感染拡大に対して)行動しなければ、2008年の金融危機を思い起こさせるようなシナリオを目にすることになるだろう」

 欧米メディアによると、ECBのラガルド総裁は10日、欧州連合(EU)加盟国首脳らとの電話会議でそう発言したという。ラガルド氏が、ECBが追加金融緩和に踏み切ることを示唆したとの見方もある。ラガルド氏は5日にパリで行った講演でも「新型コロナウイルスが(欧州経済に)新たな不確実性をもたらしている」と危機感を示していた。 

 実際に欧州経済の低迷は顕著で、経済協力開発機構(OECD)は2日、20年のユーロ圏の実質成長率が前回から0・3ポイント下方修正し、0・8%に減速したと発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が主因で、ユーロ圏などが「景気後退局面に陥りかねない」と警告した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ