ファーウェイ、仏に5G部品工場 雇用と投資で受け入れに揺さぶりか

 【パリ=三井美奈】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は27日、フランスに第5世代(5G)移動通信システムの部品工場を建設すると発表した。5G通信網で米国が欧州の同盟国に華為製品の排除を要求する中、同社はフランスに雇用創出計画を示すことで、懐柔を狙ったとみられている。

 工場建設は同日、華為の梁華会長がパリで記者会見し、明らかにした。発表によると、工場には2億ユーロ(約240億円)を投資。500人を雇用し、5G、4G用アンテナなど年間10億ユーロ(約1200億円)相当の部品を生産する計画。同社にとって「欧州初の先端技術の生産拠点」になる。工場には通信基地やソフトウエアの実演センターを設け、政府にも開放するという。建設の時期や場所は、明らかにしていない。

 フランスは昨年、安全保障の観点から、5Gの通信インフラで許可制度を導入。国が事業者の申請に対し、今春にも最初の判断を示す見込みとなっている。

 5G通信網では先月、英国が米国の強い反発を受けながら、華為製品の限定的な使用容認に踏み切った。欧州連合(EU)欧州委員会は、5G通信網の安全強化策を加盟国に勧告したが、華為導入の是非には言及しなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ