泉佐野市予算案 ふるさと納税収入ゼロに 事業は基金崩し継続

 大阪府泉佐野市は25日、令和2年度の当初予算案を発表した。昨年6月に始まったふるさと納税の新制度から除外されたため、前年度実績で約185億円あったふるさと納税による寄付収入はゼロとして予算編成した。ふるさと納税を財源に進めてきた学校のプール建設などの事業は、基金を取り崩して進める。

 ふるさと納税がゼロになることで、前年度で約28億円計上していた寄付金収入は1787万円まで減る。一方、今年度までふるさと納税を財源に充ててきた小中学校でのプール整備や小中学校の体育館などの空調整備の事業は継続。それぞれ13億2600万円(前年度比3億1100万円増)と4億1400万円(同3億8700万円増)を計上した。ふるさと納税による寄付収入で積み立ててきた基金を取り崩して進める。

 これまで寄付金は「公共施設整備等基金」など各種の基金に積み立てられており、2年度は基金から約52億円取り崩し、年度末残高は約124億円となる見込み。千代松大(ひろ)耕(やす)市長は「ふるさと納税が見込めないことは大きな痛手。2年度は事業の実現に向けて予定通り進める」としながらも、基金の減少を念頭に「3年度以降の事業は、着手のスピードを若干緩めないといけないかもしれない」と述べた。

 一般会計は人件費や社会保障費の増加などで前年度比4・4%増の539億7455万円となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ