ゴーン訴訟で日産・三菱自、取締役会経ず8億8千万円の巨額報酬主張

 日産自動車と三菱自動車の弁護士は10日、前日産会長カルロス・ゴーン被告が両社の取締役会を経ず、オランダにある両社の共同出資会社を通じて730万ユーロ(約8億8千万円)の報酬を自らに支払わせたと主張した。ロイター通信が報じた。

 両社の弁護士は、ゴーン被告が共同出資会社から不当に解雇されたとして、両社に最大1500万ユーロの賠償金を求めてアムステルダムの裁判所で起こした訴訟で述べた。

 両社の弁護士は、730万ユーロの報酬を支払わせたのは、被告が2017年4月に日産の最高経営責任者(CEO)を退いた際、減額された公開所得を埋め合わせる目的だったと主張。ほかにも共同出資会社に49万8千ユーロを支払わせた証拠があると語った。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ