「5Gの前哨戦」 携帯大手が大容量プランで囲い込み、楽天との差別化も

 【経済インサイド】KDDI(au)が2月から、データ通信容量に制限がない最上位の携帯料金プランを月額1500円(2割弱)値下げする。第5世代(5G)移動通信システムの時代には、データ無制限の使い放題プランが主流になる可能性が高く、3月の5Gの商用サービス開始を見据え、データ利用量の多い顧客を取り込もうとする動きが広がっている。今後は値下げに他社も追随するかが注目される。

 「5Gの前哨戦だ。またしてもKDDIが先手を打ってきた」。競合する携帯大手の関係者は、KDDIの打ち出した値下げについてこう語る。

 KDDIが値下げするのは、月のデータ通信容量に制限がない「auデータMAXプランPro」。2年間の通信契約時の料金が月額8980円(税別)だが7480円に値下げする。家族との同時加入や光回線とのセット割引、契約後6カ月間限定の割引を利用すれば、4480円まで下がる。

 データ大容量プランをめぐっては、ソフトバンクが2018年9月からデータ容量が50ギガバイト(ギガは10億)で、さらに動画やSNS(会員制交流サイト)などの通信量をカウントせずに使い放題にする「ウルトラギガモンスター+」を展開。NTTドコモは、30ギガバイトの大容量プラン「ギガホ」を昨年6月から提供している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ