ゴーン被告の「ポルシェ」から違和感があった 尊敬する経営者と、見直されるオーナー経営

 【経営者目線】

 レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告だが、「経営理念」の角度で経営者を見る私にとっては、過去にゴーン被告が、バイクと接触事故を起こした際、ポルシェに乗っていたことを知って以来、違和感を覚えていた。日産車を愛用するのが普通ではなかろうか。

 それ以前は、破綻寸前の日産に乗り込み、仏大手ルノーと組んだ部品共同調達や車体共通化、工場閉鎖などを含むコスト削減策など「リバイバルプラン」を掲げ、非常にオーソドックスな外国人経営者だと思っていた。しがらみにとらわれず、改革を推し進め一定の成果をあげたのは事実だ。

 しかし、レバノンでの会見は経営者の資質以前の「残念」な内容だった。ゴーン被告は「自ら証拠を提示し、それに検察はどう反論したのか」を説明し、そのうえで「無実だ」と主張すべきだった。根拠も示さず、逃亡しただけでは、何ら正当性はない。

 ゴーン被告は、サラリーマン経営者でありながら、権限を持ちすぎたかにみえる。改めて「サラリーマン経営者」と「オーナー経営者」(創業家)の違いを考えたい。

 当初私も、会社は資本と経営の分離が一つの方法と考えていたが、35年間さまざまな会社を見続け「創業家経営の方が、百年企業を目指す上で良い」と思うようになった。世界的にも創業家経営による企業の方が、成績がいいと認められている理由として、創業者の理念へのこだわりが1つある。後継者は、幼少から、父親や、祖父の背中を見て、経営にとって大切な理念を見続けている。どんなに長く働いた社員よりも価値観が伝わりやすい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ