「幸楽苑」51店舗閉店へ 11月には「いきなり!ステーキ」も…ネット「飲食の難しさを感じます」

 ラーメン店「幸楽苑」をチェーン展開する幸楽苑ホールディングス(本社・福島県郡山市)が6日、4月までに収益の低い51店舗を閉店すると発表した。幸楽苑は全国で約500店を展開しており、この数字は全店舗の1割に当たる。この発表を受け、ネットでも多くのラーメン愛好家たちからさまざまな声が上がっている。

 51店舗は東北5店、関東14店、北陸甲信越1店、東海27店、関西4店。都府県別の内訳や店舗名は明らかになっておらず、一部店舗は昨年12月に既に閉店している。 

 SNSには大量閉店を悲しむ声があふれ、「よく通ってた家の近くの幸楽苑が閉店しててショックだった」「幸楽苑なくなるのショック。幸楽苑好きなのに…」「うちから近い幸楽苑が全滅してて変な声出た」「まって幸楽苑なくなったら生きていけない」などの書き込みがズラリ。地元からは「悲しすぎるな…福島のソウルフードと言っても過言ではないのだよ幸楽苑は」という悲鳴も漏れた。一方、この判断に理解を示す声も多く、ツイッターには「苦戦してたからしょうがないか」などの投稿もあった。

 飲食チェーン店の大量閉鎖といえば、ペッパーフードサービス(東京都墨田区)が運営するステーキ店「いきなり!ステーキ」が昨年11月に全店の約1割にあたる44店の閉鎖を発表したばかり。ネットには相次ぐ飲食チェーン店の大量閉鎖に対するコメントも目立っており、「幸楽苑が大量閉店。いきなりステーキといい、飲食の難しさを感じます」「これから色んなチェーン店が閉店していく。これが消費税増税の産物」といったつぶやきも。また「最終的に、別な大手のチェーン店が両社を傘下に入れるという流れになりそうだな」と推測するユーザーもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ